Event is FINISHED

舞台は江戸時代や明治維新!浅草の靴と歴史体感ツアー

Description

【浅草エーラウンドとは?】
浅草寺の北側に広がるおよそ2k㎡の「奥浅草エリア」には革や靴の工房が点在し、職人が日夜モノづくりに励んでいます。浅草エーラウンドは現在でも革靴出荷量日本一の規模を誇る奥浅草を中心に革の文化とモノづくりの魅力を伝えるイベントです。

10回目は、ガイドと共に街をめぐる「まち歩きツアー」「セミナー」「ワークショップ」「材料や道具販売」等をメインに開催! あなたの五感で、モノづくりの楽しさをぜひ感じてみてください。

【このツアーについて】
1足の靴はいくつものパーツがつなぎ合わされ、さまざまな工程を経て完成します。また、高品質な浅草の靴は、単純作業に見えて実は高度な職人技によって作られています。このツアーでは、伝統ある浅草の街を巡りながら、150年続いてきた浅草の皮革産業の歴史に触れていきます。

集合/解散場所
近日公開!

集合/解散場所
集合場所:桜橋レザーパーク(東京都台東区今戸1-3-12 富田興業内5F)
解散場所:未定


【ツアー後のおすすめの楽しみ方はこちら!】
今回のメイン会場である桜橋レザーパーク(東京都台東区今戸1-3-12 富田興業内5F)では、数時間かけて製作する本格的な靴づくりやカバンづくりから、数十分で完成する革小物づくりまで、5種類のワークショップを職人やクリエイターが開催いたします。さらに、革や靴、モノづくりの知識をさらに深めることができる7つのセミナーもご用意!ツアーの前後は、ワークショップやセミナーで“革のまち”の魅力を感じてみてください。

また今回は、大阪府貝塚市で長きにわたり、家族経営で精肉店をコツコツと営んできた一家の姿を捉えたドキュメンタリー作品「ある精肉店のはなし」(2013)を特別上映致します。革靴や革カバンなどの元の素材である「革」は、育てた牛や豚から肉を取り、その残り物である「皮」から作られます。革は肉食の副産物でしかありません。この映画でどのように「と畜」されるかを見ていただき、食肉と皮革利用の歴史を解説いたします。

◎上映日時
20日(金) 13:10~15:10/18:00~20:00     
21日(土) 10:30~12:30
22日(日) 12:30~14:30

◎チケット
1500円(当日受付にて販売)

※詳しくは公式ウェブサイト(http://a-round.info)、または配付中のフライヤーをご覧ください。
Sun Apr 22, 2018
10:00 AM - 1:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
桜橋レザーパーク
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
東京都台東区今戸1-3-12 Japan
Organizer
革とモノづくりの祭典(浅草エーラウンド)
82 Followers